第5回 三井住空間デザインコンペ

コンペ結果

応募総数は過去最高の788点(応募登録1,649件)。

受賞作品、審査公表はこちら

三井住空間デザイン賞
倉本剛(倉本剛建築設計事務所)

優秀賞
鈴木隆太郎(鈴木隆太郎一級建築士事務所)
坂本美香子(フリー)

佳作
江口英樹(江口英樹建築設計事務所)
久野浩志(久野浩志建築設計事務所)
石沢靖記(石沢靖記建築設計事務所)
小野優太(フリー)加藤直也(都市建築設計集団/UAPP)
廣岡周平(横浜国立大学大学院 Y−GSA)

選外佳作
平井充(drawing notes/工学院大学大学院)+山口紗由(日本女子大学大学院)+二本柳望(工学院 大学大学院)
大塚隆光(日本大学大学院)+加藤尚裕(フリー)
築澤大(フリー)
島田宇啓(横 浜国立大学大学院 Y-GSA)+小林麻美(フリー)

開催概要

テーマは「親と子の新しい住まい」

カテゴリ コンペ結果 / 実施コンペ
タイプ 建築/インテリア実施コンペティション
ジャンル Housing
開催地 東京都板橋区
登録締切日 2008年3月31日 GoogleCal iCal
提出締切日 2008年3月31日(必着)
応募資格 日本国内において設計・デザイン活動を行っており、今回の対象物件の実施設計能力がある者

概要
東京のベッドタウンにあるファミリーマンション「(仮称)板橋区成増3丁目計画」(9階建、総戸数223戸)が課題建物。コンペ対象住戸は、公園緑地に面し、専用庭のある1階住戸(専有面積79.13m2)。構造躯体と若干のパイプスペースを除き、キッチンや洗面室といった水場の位置も制約無く自由にプランニングすることができる。

親の空間と、こどもの空間を考慮しながら、そこに住まう親と子が生き生きと暮らす斬新で魅力的な住戸プランが求められている。選ばれた最優秀案は、それに基づき実際に建設・分譲される。

審査員
内藤 廣(建築家/東京大学教授)
光井 純(建築家/ペリ クラーク ペリ アーキテクツ ジャパン代表)
渡辺真理(建築家/法政大学教授)
鈴木 健(三井不動産レジデンシャル常務執行役員開発事業本部長)

審査方式
二段階審査、匿名コンペ


三井住空間デザイン賞/1点 100万円
優秀賞/2点 各50万円
佳作/5点 各10万円
※三井住空間デザイン賞をもとに実際の住戸が建設される

登録料などの費用
なし

提出物
A1用紙1枚

提出先
株式会社新建築社「三井住空間デザインコンペ」係
〒113-8501 東京都文京区湯島2-31-2
Tel. 03-3811-7101(代表)

タイムテーブル
1次審査結果発表:2008年4月中旬に公式サイトにて発表
公開2次審査:2008年5月24日(土)霞が関プラザホール(東京都千代田区霞ヶ関3-2-5 霞が関ビルディング1階)
結果発表:『新建築』2008年7月号および『こんにちは』2008年8 月号、公式サイトにおいて発表

リンク
過去の受賞者

主催
三井不動産レジデンシャル / 新建築

公式ウェブサイト
http://www.japan-architect.co.jp/j-kukan/