第5回 ダイワハウス住宅設計コンペ

コンペ結果

応募作品103点

優秀賞
市川紘司 東北大学 大学院 工学研究科 都市・建築学専攻1年 23歳
「2010年代=テン年代」的住居設計の在り方をめぐる小話

笠井勇 笠井工務店 26歳
NET CAFE STYLE ─ 21世紀における都市生活像をもとめて ─

浜田晶則 首都大学東京 都市環境学部 建築都市コース4年 25歳
SNS住宅論 ─ アイコン化する住宅の未来 ─

吉本憲生 東京工業大学 大学院 人間環境システム専攻1年 23歳
建築に「公共性」は問えるか

作品を見る...

開催概要

今年は論文を募集。テーマは「これからのすまい」。少子・高齢化、核家族化、医療・福祉、密集化と過疎化、エコロジー、安心・安全、教育、快適性などの社会的背景に対して建築は何ができるのか。 「すまい」をめぐる問題について考える。

カテゴリ アイディアコンペ / コンペ結果 / 学生が参加できるコンペ
タイプ 国内, 論文, オープン, 一段階審査
ジャンル Housing
開催地 日本
登録締切日 2009年10月13日 GoogleCal iCal
提出締切日 2009年10月13日(オンライン提出)
応募資格 不問

審査員
山本理顕(横浜国立大学大学院教授、建築家)
藤森照信(東京大学教授)
千葉 学(東京大学大学院准教授,建築家)
西村達志(大和ハウス工業代表取締役専務執行役員


最優秀賞(1点):35万円
山本理顕賞、藤森照信賞、千葉学賞、西村達志賞(各1点):各8万円

著作権等
本コンペティション応募作品の著作権は応募者に帰属しますが、入賞作品の発表に関する権利は主催者が保有します。

登録料などの費用
なし

提出物
論文:文字数:4,000〜8,000字
サマリー: 400字以内

タイムテーブル
結果発表:『新建築住宅特集』2010年1月号および公式ウェブサイトで発表

主催
大和ハウス工業株式会社

公式ウェブサイト
http://www.japan-architect.co.jp/daiwa/