新しい伝統構法の家

コンペ結果

アイデア部門一等
木骨・骨太の新・伝統構法でつくる「新・地域の家」
小椋 祥司/フォレスト建築研究所

アイデア部門二等
新・日本の家
村上 貴彦/一級建築士事務所 士

アイデア部門三等
「足し算=和」の家-住居を原型から考える-
杉本 喜一/一級建築士杉本喜一建築設計事務所

実作部門一等
みらいのいえ
遠野 未来/遠野未来建築事務所

実作部門二等
吉野の家
増谷 高根/一級建築士事務所 増谷高根建築研究所

実作部門三等
岩間の家
藤原 由貴子/ふじわら建築設計室

開催概要

主たる構造を伝統的な木造軸組構法とした新しい専用住宅の実作および構想・提案を募集。

カテゴリ アイディアコンペ / アワード / コンペ結果 / 学生が参加できるコンペ
タイプ 国内, アイディア/アワード, オープン, 一段階審査
ジャンル Wood
開催地 埼玉県
登録締切日 2011年2月28日 GoogleCal iCal
提出締切日 2011年2月28日(消印有効)
応募資格 不問
対象作品 主たる構造を伝統的な木造軸組構法とした新しい専用住宅

概要
今日の日本の住宅生産は戦後の工作機械の近代化によって住宅産業として飛躍的に発展しました.その反面,手仕事を中心とした高度な伝統的な木造建築技術は衰退を余儀なくされ,大工・工務店の存続が危ぶまれている現状があります.
 このような現状認識の下,本プロジェクトはものつくり大学が主体となって新しい木造住宅づくりのネットワークを構築することを目的に起ち上げられました.本プロジェクトでは大学と住み手・作り手・自治体が共に手を携えて,近隣の森の木を使いながら,高度な伝統的木造建築技術およびその関連技術を活かした家づくり,すなわち「伝統構法を用いた新しい家づくり」を目指します.
 今回の募集では下記の課題要件に適う取り組み・提案を募集します.審査は既に実施された作品・取り組みに関する<実作部門>と全く新しい構想・提案に関する<アイデア部門>の二部門に分けて募集します.

審査員
白井裕泰(審査員長)
赤松明,伊藤大輔,大塚秀三,小野泰,佐々木昌孝,林英昭, 三原斉,八代克彦


実作部門、アイデア部門各部門
一等一点:20万円
二等一点:10万円
三等一点:5万円

登録料などの費用
なし

提出物
A1サイズ1枚

提出先
〒361-0038 埼玉県行田市前谷333
ものつくり大学 建設技能工芸学科事務室宛
Tel:048-564-3849

タイムテーブル
結果発表:2011年3月16日

主催
ものつくり大学・21世紀型木造住宅建設フォーラム

公式ウェブサイト
http://www.iot.ac.jp/building/21c_house/compe1.html