保健医療従事者養成施設設計プロポーザル

コンペ結果

委託候補者
教育施設研究所

次点
日建設計

審査結果を見る...

開催概要

保健医療従事者養成施設の設計プロポーザル

カテゴリ コンペ結果 / 実施コンペ
タイプ 国内, 実施, 資格制限, 二段階審査
ジャンル Medical-Facility
開催地 福島県
登録締切日 2016年5月2日 GoogleCal iCal
提出締切日 2016年5月26日(必着) GoogleCal
応募資格 2名以上の一級建築士が所属する一級建築士事務所。要経験。

概要
近年、保健医療を取り巻く状況は、高齢化、疾病構造の複雑化、医療の高度化等様々な環境変化が生じてきております。これに加え、本県では東日本大震災及びそれに伴う原子力災害により、県民の健康指標の悪化が進むとともに、保健医療従事者の県外流出及びその長期化が強く懸念されております。
本県では、この状況を打開すべく、不足が顕著あるいは将来的な不足が見込まれている理学療法士、作業療法士、診療放射線技師、臨床検査技師の安定的な確保を目的として、保健医療従事者の新たな養成施設として、福島県立医科大学の新たな学部を想定した施設を整備することになりました。
同施設の基本設計・実施設計の設計者選定に当たり、必要とされる機能を効果的に発揮できる施設とするため、公募型プロポーザル方式(以下「プロポーザル」という。)により技術力や想像力に優れた設計者を募集します。

審査員
時野谷 茂 (会津大学短期大学部長)
筧 淳夫 (工学院大学建築学部教授)
市岡 綾子 (日本大学工学部専任講師)
矢吹 省司 (福島県立医科大学副理事)
石井 浩 (福島商工会議所専務理事)
菅野 俊彦 (福島県医療人材対策室長)
川音 真悦 (福島県営繕課長)


設計業務委託

登録料などの費用
なし

タイムテーブル
第二次審査及びヒアリング:平成28年6月中旬

主催
福島県

公式ウェブサイト