ゲンビどこでも企画公募 2017

コンペ結果

受賞作品を見る...

開催概要

広島市現代美術館の無料パブリックスペースをアーティストに開放して開催するオープン・プログラム

カテゴリ その他のコンペ / コンペ結果 / 学生が参加できるコンペ
タイプ 国内, 展覧会, オープン
ジャンル Art
開催地 広島県
登録締切日 2017年8月26日 GoogleCal iCal
提出締切日 2017年8月26日(必着)
応募資格 不問

概要
「ゲンビどこでも企画公募」は、広島市現代美術館の無料パブリックスペースをアーティストに開放して開催するオープン・プログラムです。本プログラムは、黒川紀章氏によって設計された当美術館の、展示室以外の空間に着目し、それらの空間的特徴をいかした作品プランを国内外から募集します。空間と作品が互いに魅力を引き出し合っていることが審査の重要なポイントです。絵画、立体、インスタレーション、パフォーマンス等、作品ジャンルは問いません。広島市現代美術館は「ゲンビどこでも企画公募」を通して、アーティストの意欲的な表現をサポートし、発表の場を提供します。

審査員
広島市現代美術館と特別審査員
島 敦彦(金沢21世紀美術館館長)
高嶺 格(美術作家、秋田公立美術大学准教授)
難波 祐子(現代美術キュレーション)


入選8名/組:10万円

登録料などの費用
なし

タイムテーブル
結果発表:2017年10月3日

主催
広島市現代美術館

公式ウェブサイト