今を生きるカセツのカタチ

コンペ結果

審査結果を見る...

開催概要

即日製作する避難所における仮設空間のワークショップ

カテゴリ コンペ結果 / 学生が参加できるコンペ / 実施コンペ
タイプ 国内, 実施, 学生
ジャンル Temporary-Structure
開催地 東京都
登録締切日 2016年10月12日 GoogleCal iCal
提出締切日 2016年10月12日(オンライン提出)
応募資格 全国の建築系・インテリア系・プロダクト系の学生

概要
昨今、我が国は2011年の東日本大震災や今年4月の熊本地震など、多くの自然災害に見舞われてきた。発生直後では救援物資が行き届かない問題や、プライバシーの問題が挙げられる。
また、長期に及ぶ避難所生活では、学生の勉強空間など日常的な空間が必要となる。
私たちは、震災から3ヶ月経った熊本の避難所を訪問し、時間経過に伴う仮設空間のあり方に多くの問題が存在することを認識した。そのため、避難所はより多くの問題を解決する必要があると感じた。こうした問題の中で建築学生として、避難所における空間の在り方を見つめるひとつのきっかけとなるのではないか。そこで、実際の避難所を想定し、時間経過や新たな使われ方を考慮した仮設物を提案してほしい。そして、避難所生活における新たなカタチを模索したい。

審査員
柳澤潤(関東学院大学院准教授 株式会社コンテンポラリーズ代表 建築家)
岩佐明彦(法政大学デザイン工学部教授)


最優秀賞 1点:5万円
優秀賞 1点:3万円
佳作 1点:1万円

登録料などの費用
なし

タイムテーブル
2次審査概要:1泊2日 10月22日〜10月23日

主催
日本建築学会

公式ウェブサイト