慰霊碑デザインコンペティション

コンペ結果

応募総数:38点

最優秀賞
株式会社 都市計画研究所

優秀賞
日本造園設計 株式会社

佳作
株式会社 都市・建築計画研究所+坂上直哉
昭和設計・武庫川女子大学生活環境学部建築学科
有限会社 海谷設計事務所

作品を見る...

開催概要

旧ソ連による戦後強制抑留、引揚に伴う死没者の慰霊の場場(慰霊碑2基・式典のスペース)を、千鳥ヶ淵戦没者墓苑の一角を分けた建設苑地内に解説するための実施コンペ。平成22年の夏を目途に開設する予定。

カテゴリ コンペ結果 / 実施コンペ
タイプ 国内, 実施, オープン
ジャンル Memorial
開催地 東京都千代田区
登録締切日 2009年9月17日 GoogleCal iCal
提出締切日 2009年10月9日(消印有効) GoogleCal
応募資格 公共屋外空間整備の実施設計の実績を有する法人及び企業など

概要
建設場所:東京都千代田区三番町2 千鳥ヶ淵戦没者墓苑内
計画区域:慰霊碑苑地 200m2以内
整備期間:約3ヶ月
実施設計業務の実施にあたっての委託料:概ね300万円

審査員
田久保 忠衛(杏林大学客員教授)
板谷 敏弘 (江戸東京博物館学芸員)
井上 万吉男(財団法人全国強制抑留者協会理事長)
小菅 信子 (山梨学院大学教授)
二宮 充子 (弁護士)
原野 和夫 (元時事通信社社長)
増田 弘 (東洋英和女学院大学国際社会学部長)
宮田 亮平 (東京藝術大学学長)
油井 正昭 (財団法人国立公園協会常務理事)
渡邊 行久 (社団法人引揚者団体全国連合会常務理事)


最優秀賞:200万円 + 実施設計業務契約及び建設時の監修
優秀賞:100万円(1点)
佳作:賞品(3点)

登録料などの費用
なし

提出物
A3用紙3枚

提出先
独立行政法人 平和祈念事業特別基金内 慰霊碑デザインコンペ事務局
〒162-8672 東京都新宿区若松町19番1号 総務省第2庁舎4階
電話:03-5860-2749

タイムテーブル
審査結果:平成21年12月上旬
最優秀者との実施設計契約:平成21年12月中
実施設計期間:平成22年1月~2月
整備期間:平成22年4月~7月

主催
独立行政法人 平和祈念事業特別基金

公式ウェブサイト
http://www.heiwa.go.jp/
http://www.heiwa.go.jp/pdf/090820_ireihicompe.pdf

大きな地図を表示