2014年 JID賞 ビエンナーレ

コンペ結果

大賞
扇屋旅館扇屋カフェ(新潟県村上市)/大坪 輝史(6D)、安原 幹、日野雅司、栃澤麻利(SALHAUS)、泉井 保盛(+I DESIGN)

インテリアスペース賞部門
部門賞
藤田歯科医院/川西 康之、栗田 祥弘、柳 辰太郎(nextstations)
「シキリの形」/青木 律典(青木律典建築設計スタジオ)
塩野義製薬医薬研究センターSPRC4/小梶 吉隆(株式会社竹中工務店)

入選
Haco/木下 昌大(KINO architects)
ロイヤルパークホテル ザ 京都/黒柳亮(株式会社竹中工務店)
三井住友銀行夙川支店/西田 徹太郎、今井 充彦(日建スペースデザイン)
大阪木材仲買会館/白波瀬 智幸、興津 俊宏(株式会社竹中工務店)

インテリアプロダクト賞部門
部門賞
ミニマルな光のリング/小梶 吉隆、塚本 直子(株式会社竹中工務店)
Kamidana「むく」/水野 憲司(mizmiz design)

入選
Dage | reversi/橋口 新一郎(橋口建築研究所)

学生賞部門
部門賞
無限のひとかけ/富所 駿(多摩美術大学 環境デザイン学科)

入選
12/12 stool/富所 駿(多摩美術大学 環境デザイン学科)
Vege-co(ベジコ)---根付きの植物工場産を販売する地域密着型店舗/2012年度デザイン総合プロジェクト 三好絢子、村上達郎、高木正太郎、松井峻輝、戸成圭、古川令奈、大鋸泰斗、徳田周太、村上由季、高徳淳、八田興、藤谷慧裕(千葉大学)

開催概要

デザイナーや企業等の優れた活動成果を表彰して日本のインテリアデザインの質的向上を図り、豊かな社会と文化の発展に寄与することを目的として行われる。現代の多様なライフスタイルへの提案をはじめデザインによる地域への貢献、福祉や環境的視点を持つ取り組み、若いデザイナーの意欲的な試みなどに対しても積極的な評価を行い、インテリアの重要性・デザインの力を社会に発信する。

カテゴリ アワード / コンペ結果 / 学生が参加できるコンペ
タイプ 国内, アワード, オープン, 二段階審査, 匿名
ジャンル Interior, Product
開催地 日本
登録締切日 2013年6月28日 GoogleCal iCal
提出締切日 2013年6月28日(必着)
応募資格 不問
対象作品 2011年4月1日~2013年3月31日迄に日本国内で完成、製品化された作品。アイディア部門と学生部門に関しては、提案・試作作品も含まれる。インテリアスペース部門とインテリアプロダクト部門については、第二次審査にて現地・現物審査を行うため、作品が現存していること。

審査員
特別審査委員
喜多俊之(日本インテリアデザイナー協会 理事長)
松原 亨(株式会社マガジンハウス Casa BRUTUS 編集長)
山田節子(株式会社TWIN 代表、 クリエイティブ ディレクター)

JID選考委員会
安藤 清(インテリアデザイナー、企画室A.N.D)
岩倉榮利(岩倉榮利造型開発研究所 代表取締役)
川上玲子(テキスタイル&インテリアデザイナー)
近藤康夫(インテリアデザイナー)
清水忠男(製品・環境デザイナー、選考委員会委員長)
瀬戸 昇(株式会社エーディーコアディバイス クリエイティブディレクター)
長岡貞夫(長岡貞夫デザイン事務所 所長)
米谷ひろし(TONERICO:INC.代表、多摩美術大学准教授)


大賞1点(下記4部門の受賞作品中、特に優れた作品に授与)
インテリアスペース部門賞3点(インテリアスペースに係る実施作品)
インテリアプロダクト部門賞3点(インテリアプロダクトに係る製品化作品)
アイディア部門賞(インテリアスペースまたはインテリアプ ロダクトの提案・試作作品)
学生部門賞3点(応募作品制作時に学生であった個人またはグループによる提案作品)
入選数点(上記4部門において最終審査に残った作品中から選定)
特別審査委員賞(該当作品があった場合に授与)

登録料などの費用
1点につき3,000円
学生賞部門:1点につき、1,000円

提出物
A4版ファイル

タイムテーブル
最終審査結果:12月初旬

リンク
過去の受賞者

主催
社団法人 日本インテリアデザイナー協会

公式ウェブサイト
http://jid-award.com/