健康維持増進住宅設計コンペティション2009-2010

コンペ結果

最優秀賞
「だんらん団地 〜食から拡がるプライベート・コモンの新しい関係〜」
山本洋史(東京ガス)、豊田健太郎(豊田建築設計室)

優秀賞
「free control house」 大平忠之、谷口竜(名古屋市立大学)
「睡眠からはじまる低反発な家」 小野司、相澤佳代子、五ノ井麻衣(リビタ)、森尻謙一(東京電力)

特別賞
手塚審査委員賞
「路地を纏う家」 原田雄次、北林さなえ(横浜国立大学大学院)

東嶋審査委員賞
「つながりのいえ」 藤井瑛美、穐本敬子、上井一哉、中嶋馨(積水ハウス)

星審査委員賞
「暖差(あつさ)と寒差(さむさ)を楽しむ住まい」 越野達也(竹中工務店)

佳作
「URBAN TABLE」 間瀬口純一(法政大学)
「kotatsu family」 佐伯徹(広島工業大学)
「歩く家」 廣野敦(フリー)
「スロープのいえ」 中島昴輔、楽満慈(慶應義塾大学)
「建築楽式開口部体操」 松田隆志(日本大学大学院)
「natural skin」 福田久展(竹中工務店)

開催概要

住空間が健康のために貢献できることは何かを探る目的で、新しい視点から「健康維持増進」のあり方を指し示すような提案を求めるアイディアコンペ。今年度は住まいに関わる健康の在り方を、住空間や建材・設備などと重ね合わせた提案を募集。

カテゴリ アイディアコンペ / コンペ結果 / 学生が参加できるコンペ
タイプ 国内, アイディア, オープン, 二段階審査
ジャンル Architecture, Housing
開催地 日本
登録締切日 2010年2月26日 GoogleCal iCal
提出締切日 2010年3月12日(必着) GoogleCal
応募資格 建築・住宅に関わる実務者、研究者および学生など

審査員
吉野 博(健康維持増進住宅研究委員会 健康影響低減部会長/東北大学大学院教授)
小泉雅生(同委員会 設計部会長/建築家/首都大学東京大学院准教授)
田辺新一(同委員会 健康増進部会長/早稲田大学教授)
手塚由比(建築家/手塚建築研究所)
東嶋和子(科学ジャーナリスト)
星 旦二(医師/首都大学東京大学院教授)


最優秀賞 1点:50万円
優秀賞 2点:10万円
佳作数点
入選作品は機関誌IBEC、建築専門紙(誌)等に掲載、発表される

登録料などの費用
なし

提出物
A1(841×594mm)用紙1 枚

提出先
財団法人 建築環境・省エネルギー機構 住宅研究部 設計コンペ担当
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-5-1 全共連ビル麹町館 TEL 03-3222-6690

タイムテーブル
公開審査:2010年3月29日(月)13:30〜16:30 建築会館ホール(東京都港区)

主催
一般社団法人 日本サステナブル・ビルディング・コンソーシアム/健康維持増進住宅研究コンソーシアム

公式ウェブサイト
http://www.ibec.or.jp/consortium/kenko.html