旧松江警察署庁舎 保存活用提案

コンペ結果

審査結果を見る...

開催概要

現存する最古の警察署の保存活用するためのアイディアを募集。

カテゴリ アイディアコンペ / コンペ結果 / 学生が参加できるコンペ
タイプ 国内, アイディア, オープン, 二段階審査
ジャンル Renovation
開催地 島根県
登録締切日 2016年1月29日 GoogleCal iCal
提出締切日 2016年1月29日(消印有効)
応募資格 不問

概要
松江市内の線香工場として使用されていた建築物の解体調査を行なったところ、元々は初代松江警察署庁舎であったことが判明しました。建築年代も明治13(1880)年まで遡る可能性があり、全国的にみても現存する最古の警察署であることが確実になってきました。
この建物は、2014年に松江市の文化財(建造物)に指定されましたが、現在は解体され、部材の状態で保存されています。貴重な文化財である初代松江警察署庁舎を、今後どのように保存し、再生し、活用するか、を検討するために、「旧松江警察署庁舎の保存活用提案」のアイデアコンペを実施することになりました。
今回のコンペでは、松江中心市街地を再建設の敷地として想定し、特に周辺施設との連携を図りながら、地域文化の伝承と観光資源としての積極的な活用を両立させることのできるアイディアを募集します。
本コンペで最優秀賞に選ばれた作品は、市民に広く公表し、具体的な移築再の活動に向けた検討資料として活用させていただきます。

審査員
安藤邦廣(筑波大学名誉教授)
和田嘉宥(米子工業高等専門学校名誉教授 松江建築研究会会長)
足立正智(建築設計事務所飴屋工房代表 島根県建築士会会長)
丸田 誠(島根大学総合理工学研究科 教授 日本建築学会中国支部島根支所長)


最優秀賞:10万円
優秀賞:5万円
審査員特別賞:5万円
佳作 数点

登録料などの費用
なし

提出物
A1サイズ1枚

タイムテーブル
二次審査、授賞式:2016年3月13日

主催
日本建築学会 中国支部 島根支所

公式ウェブサイト