第1回 高齢者いきいき居住アイデアコンテスト - 建築設計の部

コンペ結果

最優秀賞
「街を見守るいえ」渡邉美樹

優秀賞
「心と心をつなぐ窓」横山茉紀
「家+(新興住宅地における高齢者生活支援システムの提案)」白須寛規

入選
「○○人と暮らす家」遠藤貴昭/川田真理絵
「3世代が共生する縁側エントランスの家」野村俊哉
「いきいきインターフェイス」桑田人/中村紹子
「幼老長屋」大塚謙太郎/岡本典子
「collective village 〜小さく住んで大きく暮らす〜」高橋恵多
「井戸端ハウスの人々〜みんなのリビング〜」田中紀之

ソース:http://www.life.osaka-cu.ac.jp/iki2/

開催概要

高齢者がいきいき暮らしていくための住まいの提案や暮らしのアイデアを募集

カテゴリ アイディアコンペ / コンペ結果 / 学生が参加できるコンペ
タイプ 国内建築アイディアコンペティション
ジャンル Housing
開催地 日本
登録締切日 2007年7月25日 GoogleCal iCal
提出締切日 2007年9月14日(必着)
応募資格 建築設計にかかわる専門職や学生

概要
インテリアや家具・生活機器、住宅や老人福祉施設、さらには生活が展開される地域などにおいて「高齢者がいきいきする場面とその工夫」を提案する。

審査員
竹原義二(大阪市立大学大学院生活科学研究科 教授)
白澤政和(大阪市立大学大学院生活科学研究科 教授)
森一彦(大阪市立大学大学院生活科学研究科 教授)
有村桂子(株式会社いるか設計集団)
西村達志(大和ハウス工業 取締役専務執行役員)

審査方式
二段階審査、二次は公開審査


最優秀賞1点 50万円
優秀賞2点 25万円
入選 数点 10万円

登録料などの費用
なし

提出物
一次審査:A2サイズ横使い1枚
二次審査:A4サイズ横使い6枚以内

タイムテーブル
一次審査結果発表:2007年10月1日(応募者に通知するとともに、本コンペwebサイト上にて発表します。)
公開二次審査:2007年11月17日( 会場:大和ハウス工業株式会社 大阪本社 大ホール)
結果発表、表彰式:2007年11月17日(審査終了後、同会場にて)
展示会: 大和ハウス工業大阪本社・東京支社、大阪市立大学にて開催

主催
大和ハウス工業株式会社+大阪市立大学大学院生活科学研究科

公式ウェブサイト
http://www.life.osaka-cu.ac.jp/iki2/