第3回 高齢者いきいき居住アイデアコンテスト - 住まいの設計の部

コンペ結果

最優秀賞
あまりものねっとわーく 〜斜面戸建て住宅地全部一階化計画〜
田持 成輝 / 田中 了太 / 藤本 篤

優秀賞
ひとは、いきなり高齢者にはならない
小林 進

わがまち。TOWN オアシス。
大賀 行雄 / 町田 敦 / 大金 司

入選
高齢者いきいき居住空間の提案
田代 伸一郎

Anti-Aging for Aging in Place 健康に住み続ける家
貴志 泰正 / 松本 大輔

土間の抜け道
岡 慶一郎

Continuas & Cut House 家族とつながり、住人とむすびついた集合住宅
松本 僚平

坂と菜園のある風景
杉中 俊介

呼吸する小学校 少子高齢化時代における小学校の役割
池田 真人

大和ハウス賞
【戸建住宅部門】
狛江の家 〜住み継がれる家〜/加藤 五月

【低層集合住宅部門】
分畳「情」住宅/永井 孝直、藤井 公平

【マンション部門】
CONDONORC 分譲マンション高齢者コミュニティ/松浦 弘樹

【高齢者施設部門】
「スミカエ」団地 多世代が暮らすコミュニティ/山田 信博

作品を見る...

開催概要

生活の“いきいき”をいつまでも失うことなく、住み慣れた地域、住み慣れた我が家で、高齢者が安心で快適に自分らしい生活をつづけられるようにするアイデア募集。優秀作品については、大和ハウス工業と大阪市立大学大学院生活科学研究科が協力し、実用化を目指す。

カテゴリ アイディアコンペ / コンペ結果 / 学生が参加できるコンペ
タイプ 国内, アイディア, オープン, 二段階審査
ジャンル Housing
開催地 日本
登録締切日 2009年12月1日 GoogleCal iCal
提出締切日 2009年12月1日(必着)
応募資格 建築設計にかかわる専門職および学生

審査員
竹原 義二(大阪市立大学大学院生活科学研究科 教授)
濱 隆(大和ハウス工業株式会社 取締役常務執行役員 総合技術研究所所長)
白澤 政和(大阪市立大学大学院生活科学研究科 教授)
有村 桂子(いるか設計集団 代表取締役)
岡田 明(大阪市立大学大学院生活科学研究科 教授
森 一彦(大阪市立大学大学院生活科学研究科 教授)


最優秀賞(1点):50万円
優秀賞(2点):25万円
入選(数点):10万円
大和ハウス賞(数点):10万円

著作権等
応募されたアイデアの著作権及び公に発表する権利と実施する権利は、主催者に帰属するものとします。

登録料などの費用
なし

提出物
A2用紙 1枚

提出先
大阪市立大学大学院生活科学研究科 「高齢者いきいき居住アイデアコンテスト事務局」
〒558-8585 大阪市住吉区杉本3丁目3番138号
宅配便にて提出。郵送は不可

タイムテーブル
一次審査結果発表:2009年12月25日
公開二次審査・発表:2010年1月30日(土) 会場:大和ハウス工業株式会社 大阪本社 大ホール

リンク
過去の受賞者

主催
大和ハウス工業株式会社、大阪市立大学大学院 生活科学研究科

公式ウェブサイト
http://www.daiwahouse.co.jp/iki3/