くまもとアートポリスプロジェクト 立田山憩の森・お祭り広場公衆トイレ公開設計競技 2020

コンペ結果

受賞作品を見る...

開催概要

熊本市立田山憩の森・お祭り広場の公衆トイレ設計競技

カテゴリ コンペ結果 / 学生が参加できるコンペ / 実施コンペ
タイプ 国内, 実施, オープン
ジャンル Architecture
開催地 熊本県
登録締切日 2020年6月22日 GoogleCal iCal
提出締切日 2020年6月22日
応募資格 国内在住の建築士又は建築士事務所登録を行っている設計事務所に所属する建築士で満35歳以下の方および建築を志す満35歳以下の方(学生を含む)

概要
熊本市の中心部から東北に位置する標高152mの立田山は、市街地に残された貴重な自然緑地です。都市化の進展とともに行われる緑地の開発を防ぎ、県民の生活環境を保全するため、自然の森に復元し、憩いの場をつくることで生活環境保全林「立田山憩の森」として、多くの県民の健康づくりやふれあいの場として活用されてきました。
この設計競技は、熊本市北区立田山憩の森・お祭り広場に、県が建設する公衆トイレの設計者を広く公募するもので、熊本県が推進する「くまもとアートポリス」プロジェクト事業として実施するものです。
多くの方々にこの地にふさわしい公衆トイレ計画を提案していただき、設計に参画してもらうために実施します。

審査員
伊東豊雄(建築家、くまもとアートポリスコミッショナー)
桂 英昭(建築家、くまもとアートポリスアドバイザー)
末廣香織(建築家、くまもとアートポリスアドバイザー、九州大学准教授)
曽我部昌史(建築家、くまもとアートポリスアドバイザー、神奈川大学教授)


設計業務委託

登録料などの費用
なし

タイムテーブル
公開審査:7月中旬

主催
熊本県

公式ウェブサイト