(一財)日本鯨類研究所太地支所設計プロポーザル

コンペ結果

審査結果を見る...

開催概要

研究所施設の設計プロポーザル

カテゴリ コンペ結果 / 実施コンペ
タイプ 国内, 実施, 資格制限, 二段階審査
ジャンル Studio
開催地 和歌山県東牟婁郡太地町
登録締切日 2019年8月9日 GoogleCal iCal
提出締切日 2019年8月23日(必着) GoogleCal
応募資格 一級建築士事務所であることなど

概要
「太地町くじらと自然公園のまちづくり構想」~くじらと海のエコミュージアム太地~
本町は、和歌山県下で行政面積(5.81km²)が最も小さい人口3,099人(2019年4月現在)の自然環境豊かなまちです。1606年より鯨に挑み、鯨と共に生きてきました。平成18年には過去・現在・未来永劫に鯨に関わり続けていく町と宣言、その時代時代で鯨との関わり方があるのではないかと考えており、「過去」においては、鯨を捕ることにより町が栄え、「現在」においては鯨を捕ることに加え、見せることにより、鯨を観光に活かしてきました。「未来」の部分で我々は「鯨を学術的に活用していく」とし、町全体をくじらの学術研究都市にするため、30年の長期にわたるまちづくりを行っております。くじらの学術研究都市とは、環境に配慮した衛生管理の行き届いた清潔感のある、住民が公園の中に住んでいるようなまちを目指しております。
本業務は、鯨類その他の海産哺乳類の試験研究、調査及び関連する国際情勢の調査等を行い、将来にわたる水産資源の適切な管理と利用に寄与することを目的とする、日本鯨類研究所太地支所の研究施設整備のために実施するものです。

審査員
和歌山大学システム工学部システム工学科教授 高砂正弘
株式会社 E-DESIGN 代表取締役 忽那裕樹
太地町漁業協同組合参事
太地町立くじらの博物館館長
太地町副町長
太地町総務課長
太地町産業建設課長
太地町教育委員会次長


設計業務委託

登録料などの費用
なし

タイムテーブル
特定者・非特定者通知:令和元年9月12日

主催
太地町

公式ウェブサイト