(仮称)町田市立国際工芸美術館基本設計プロポーザル

コンペ結果

契約候補者
シーラカンスアドソエイツ

審査詳細を見る...

開催概要

工芸美術館のプロポーザル。

カテゴリ コンペ結果 / 実施コンペ
タイプ 国内, 実施, 資格制限, 二段階審査
ジャンル Museum
開催地 東京都町田市
登録締切日 2015年5月20日 GoogleCal iCal
提出締切日 2015年6月1日(必着) GoogleCal
応募資格 2000年4月1日から2015年3月31日までに日本国内で完成した、延べ床面積3000m2以上の美術館等の建築設計の責任者として実績を有する者

概要
町田市は、2011年3月に市内の博物館機能を有する文化施設等全体の在り方について整理を行うため、「町田市の博物館等の新たな在り方構想検討結果報告書」をまとめました。そして、2012年3月には、「新しい博物館の基本構想」を策定し、町田市立博物館が持つガラス・陶磁器のコレクションを活用して、「(仮称)町田市立国際工芸美術館(以下「工芸美術館」という。)」を整備するという方向性を定めました。
2013年4月、学識経験者を構成員とする(仮称)町田市立国際工芸美術館整備基本計画検討委員会を設置し、2014年6月に、工芸美術館の施設整備や事業運営を進めていくにあたっての基本的な考え方をまとめた「(仮称)町田市立国際工芸美術館整備基本計画(以下「基本計画」という。)」を策定しました。基本計画は、「良質な文化に触れる機会を提供し、まちの賑わいに貢献していく」ために、事業活動、施設設備、管理運営それぞれの基本的な方針や考え方を示しています。
このような経緯から、設計者の選定にあたっては、基本計画を十分理解し、その方向性に沿った設計を行うことのできる設計者、また、設計の過程において、市民や行政とのコミュニケーションを円滑に行い、市民や行政の意見を具体的な設計に反映することのできる設計者を選ぶことが重要だと考えています。
このことをふまえ、工芸美術館の設計業務を委ねるに相応しい設計者を選定するため、本要領を町田市ホームページに掲載し設計者の募集を行います。

審査員
(仮称)町田市立国際工芸美術館基本設計プロポーザル評価委員会


基本設計業務委託

登録料などの費用
なし

タイムテーブル
結果通知:7月7日

主催
町田市

公式ウェブサイト