第2回 フェーズフリー住宅デザインコンペ 2018

コンペ結果

受賞作品を見る...

開催概要

『平常時』と『災害時』という2つのフェーズを分けて考えることをやめてみると見えてくる、フェーズフリーな住まいの提案を募集。

カテゴリ アイディアコンペ / コンペ結果 / 学生が参加できるコンペ
タイプ 国内, アイディア, オープン
ジャンル Housing
開催地 東京都
登録締切日 2018年3月11日 GoogleCal iCal
提出締切日 2018年4月14日(消印有効) GoogleCal
応募資格 不問

概要
私たちが生活を送る『平常時』と『災害時』という2つの時間=『P h a s e』について、この2つを分けることをやめてみると見えてくるものがあります。それは、防災のための特別な家ではなく、普段の暮らしが豊かで快適、かつ災害の際にも役に立つ住まい。
住まい手が意識せずとも「いつもの暮らしがもしもの支えになる」。これからの住宅の在り方を考えたフェーズフリーな住まいを幅広く募集します。

審査員
三井所清典(建築設計)
目黒公郎(防災工学)
松崎元(人間工学)
フェーズフリー建築協会理事
フェーズフリー総合研究所


部門1
三井所清典賞/1点 10万円
目黒公郎賞/1点 10万円
松崎元賞/1点 10万円
フェーズフリー建築協会賞/1点 10万円

部門2
総額10 万円

登録料などの費用
なし

タイムテーブル
審査結果発表 : 2018年7月12日
シンポジウム(授賞式&パネルディスカッション):2018年9月9日

主催
特定非営利活動法人フェーズフリー建築協会

公式ウェブサイト