西陣 路地の家具デザインコンペ

コンペ結果

受賞作品を見る...

開催概要

路地空間を豊かにするストリートファニチャーのアイディアを募集

カテゴリ その他のコンペ / コンペ結果 / 学生が参加できるコンペ
タイプ 国内, アイディア, オープン, 二段階審査
ジャンル Furniture
開催地 京都市
登録締切日 2019年11日4日 GoogleCal iCal
提出締切日 2019年11日4日(消印有効)
応募資格 応募時の年齢が18歳以上39歳以下の個人

概要
「応仁の乱」で西軍が陣を置いた地として知られる西陣は、西陣織に代表される伝統産業や、伝統文化・伝統芸能、寺社、花街の文化など、多彩な魅力を有する地域です。
西陣には今なお多くの路地が残っており、西陣織が盛んであった頃には多くの職人が住み、「織屋建(おりやだて)」と呼ばれる独特な京町家が軒を連ねた路地中には、機織りの音が一日中鳴り響いていました。
路地には、生活道路としての機能だけでなく、共用の井戸やお地蔵さんがあり、一つの空間を共有する者同士の昔ながらのコミュニティが存在しています。その一方で、狭い道に木造建物が密集していることによる防災面の課題があるほか、今日では、生活スタイルの変化や、住人の高齢化、空き家の増加などにより、豊かなコミュニティや、そこで育まれてきた暮らしの文化が失われつつあります。
本コンペティションでは、路地の魅力の再発見、住人やそこを訪れる人々の交流の促進、路地の課題解決のきっかけ作りにつながり、今日の路地空間を豊かにするような、路地のストリートファニチャー、“路地の家具”のデザインを募集します。

審査員
髙田光雄(京都美術工芸大学工芸学部教授)
奈良磐雄(公益社団法人京都デザイン協会代表理事,特定非営利活動法人京都西陣町家スタジオ代表理事)
水野歌夕(写真家,町家写真館館長)
山本麻友美(京都芸術センター チーフプログラムディレクター)
吉田創一(株式会社フラットエージェンシー代表取締役)


最優秀賞1点:10万円、イベント等での展示
優秀賞3点:記念品,イベント等での展示
佳作数点

登録料などの費用
なし

タイムテーブル
最終選考&表彰式・入賞作品展:2020年3月

主催
京都市/特定非営利活動法人 ANEWAL Gallery

公式ウェブサイト