SUS「t2住むためのプロダクト」Competition '15

コンペ結果

受賞作品を見る...

開催概要

アルミ製ミニマル居住ユニット t2を用いた新しい居住スペース、居住スタイルの提案を募集。

カテゴリ アイディアコンペ / コンペ結果 / 学生が参加できるコンペ
タイプ 国内, アイディア, オープン, 一段階審査
ジャンル Architecture
開催地 日本
登録締切日 2015年9月30日 GoogleCal iCal
提出締切日 2015年9月30日(必着)
応募資格 国内在住者

概要
キーワードはメタボライジング。「増やせる。減らせる。動かせる。」という t2の特徴を最大限生かすことがテーマとなります。使用するユニットの数に制限はありません。敷地についても限定はせずに、郊外、都心の住宅地はもちろんのこと、街区や都市、国土全体を対象とした計画でもよいこととします。また、居住する対象も、個人であろうと、家族であろうと、もっと別の集団であろうと構いません。「いま」という時間、「ここ」という空間にとらわれない居住の新しい概念を提案してください。

審査員
和田智 カー&プロダクトデザイナー
マーク・ダイサム 建築家
金田充弘 構造エンジニア
石田保夫 SUS株式会社代表取締役社長


最優秀賞(1点)100万円
優秀賞(2点)30万円
佳作(3点)10万円

登録料などの費用
なし

タイムテーブル
審査結果:11月20日

主催
SUS株式会社

公式ウェブサイト