小田急電鉄 鶴川駅アイディアコンテスト

小田急電鉄の鶴川駅周辺を良くするためのアイディアを募集

カテゴリ アイディアコンペ / 学生が参加できるコンペ
タイプ 国内, アイディア, オープン
ジャンル Transportation
開催地 日本
登録締切日 2018年8月31日 GoogleCal iCal
提出締切日 2018年9月28日(必着) GoogleCal
応募資格 不問

概要
小田急電鉄株式会社は、鶴川駅周辺の価値向上に寄与する様々なアイディアを公募するアイディアコンペを実施します。鶴川駅周辺は、鶴見川、香山緑地などの水とみどりに囲まれ、川崎市、横浜市などの市外も含めた一帯の拠点として、町田市の文化、交流の核となる「東の玄関口」です。
周辺には、南に鶴見川、沢谷戸自然公園などの水とみどりに囲まれ、北には、「旧白洲邸武相荘」や「香山園庭園・美術館」等文化施設や大小さまざまな公園があり、自然と文化、子育ての面でも魅力のある街です。

2018年には、小田急線東北沢~和泉多摩川間複々線が完成し鶴川から新宿方面の速達性が格段に向上しました。 今回のコンペでは、地域との連携を重視し、駅と地域を繋いだ空間のあり方をテーマに、駅デザインに加えて、将来の駅のあり方を見据えた駅機能・活用の提案をいただくこととしました。
鶴川の認知度をさらに高め、これまでの経験(歴史)から、新たな駅の姿を創出する、魅力的な提案を広く求めます。 受賞作品は実際の「鶴川駅」の駅舎のアイディアとして採用します。皆様のご応募を心よりお待ちしております。

審査員
五十嵐 秀(小田急電鉄株式会社 常務取締役)
齋藤精一(株式会社ライゾマティクス 代表)
武井 誠(TNA、東京大学・京都工芸繊維大学 非常勤講師)
鍋島千恵(TNA、日本大学・法政大学 非常勤講師)
山崎 亮(株式会社studio-L 代表、コミュニティデザイナー、社会福祉士)
ほか


駅舎デザイン部門
最優秀賞:50万円
ほか

登録料などの費用
なし

主催
小田急電鉄株式会社

公式ウェブサイト