第40回 毎日・DAS学生デザイン賞

コンペ結果

金の卵賞
「空想と現実の境界」英国王立芸術大学院 山本美音

部門賞
グラフィック・パッケージ部門
公共広告「メイワク菌の感染に気を付けて。」北海道造形デザイン専門学校 工藤佳菜

インダストリアル部門
「'α」大阪芸術大学 三田村昇明

服飾部門
「clothes=skin」神戸芸術工科大学 鉄羽淳平

テキスタイル部門
「SATO come NIKKI」金沢美術工芸大学 樫尾聡美

写真・映像部門
「願(ねがい)」武蔵野美術大学 高居覚

建築部門
「余床開放〜消せないインフラ〜」早稲田大学 荒木聡

商環境部門
「ネットカフェ難民救済施設 Moving life Box〜ムービングライフボックス」創造社デザイン専門学校 宮城惠祐

クラフト部門
「シカクいECO皿〜環境配慮材料を用いたテーブルウェアのデザイン」拓殖大学 佐久間伸幸

審査員特別賞
建築部門
「bridge apartment」立命館大学 石橋慶久

作品の詳細

開催概要

デザイン界の人材の発掘と育成をめざして、「次代を切り開く説得力のある新しい価値とオリジナリティのある表現の提案」と「国際的にも通用する発信力のある作品」を表彰する。

カテゴリ アワード / コンペ結果 / 学生が参加できるコンペ
タイプ デザインアワード
ジャンル Architecture, Commerce, Graphic, Interior, Photography, Product
開催地 日本
登録締切日 2008年3月21日 GoogleCal iCal
提出締切日 2008年3月21日(消印有効)
応募資格 応募者は大学生(短大、大学院を含む)、高等専門学校4〜5年生ならびに専修学校専門課程(専門学校)の在学生および2008年春卒業予定者
対象作品 グラフィック、パッケージ、インダストリアル、服飾、テキスタイル、写真・映像、建築、インテリア、クラフト、商環境(商業施設)部門のデザインの未発表作品

審査員
審査委員長:谷川順一
副委員長:大森重志、小林敬一郎
建築部門の審査員:太田隆信、小林敬一郎、山崎泰孝

審査方式
二段階審査(写真による審査 + 現物審査)


金の卵賞(1点):50万円
部門賞(各1点):20万円

登録料などの費用
2,000円

提出物
第1次審査:作品のカラー写真(サービス版・台紙に貼付)10枚以内

提出先
毎日・DAS学生デザイン賞事務局
〒530-0001 大阪市北区梅田3-4-5 毎日新聞ビル4F
(社)総合デザイナー協会

タイムテーブル
第1次結果発表:4月下旬
第2次結果発表:5月中旬
入賞発表:第2次審査終了後、本人に通知するほか 入賞者名は毎日新聞(全国版)紙上で発表する。
表彰式:6月、大阪で行う予定
入賞・入選作品展:6月に大阪市内で行う予定

リンク
過去の受賞者

主催
毎日新聞社、社団法人 総合デザイナー協会(DAS)

公式ウェブサイト
http://www.das.or.jp/compe1.html